スタッフ紹介

柔道整復師

はじめまして!!代表の杉浦大喜です!!

 

 

サッカー王国静岡県生まれ。小学生のころからGK一筋で高校までサッカー漬けの毎日を送ってきました。

 

小学生の3年生ころからGKとして高校までやってきました。

高校3年生の時に冬に膝の内側側副靭帯を部分断裂の怪我をしてしまい、練習も十分にできず、結果的に夏の大会には出場することができませんでした。

 

こんなこともあり、高校から進学を考えた時自分の怪我で苦労したことやあきらめざるを得なかったことなど、今考えるとあの時もっとできることがあったのではないかと思い、スポーツトレーナーという道にあこがれて

名古屋でスポーツトレーナーの学校に行きました。

しかし、そこは理想と現実の違いで自分の思い描いていたものとは全く違いました。しかしそこはやはり就職は考えなくてはいけなかったので就職先を考えているときに目に入ったのが「接骨院」でした。僕自身はそれまで接骨院というのに1度か2度行ったことはありました。鍼灸にも数回行ったこともありましたが、まったく忘れていました。

 

しかし、就職先で接骨院の文字を見た時に「これだ!」と思い接骨院に就職したのが治療業界に携わる大きなきっかけになりました。

 

就職して人生が本当に変わりました、その当時は今考えると怖いですが、無免許の僕でも施術をし患者様「上手だね」と言われて喜ばれることができ、本当にうれしかったことを覚えています。

この時にこの仕事が自分にとって「天職」だと思いました。

 

自分が行った行為(施術)が患者さん(お客さん)からダイレクトに喜びの声をいただける仕事は他にはないのです。

 

人から必要とされる。社会に自分の存在意義ができる。

 

こんなやりがいのある仕事は他にはありません。

 

しかし、ここで問題なのが「国家試験」です。

「柔道整復師」という国家試験を取得しなければいけませんでした。

接骨院に努めるまで国家試験があることも3年間学校に行かなくてはいけないこともここで初めてしりました。

 

学校の勉強は大変でしたがとても楽しかったです。

 

学校で学んだことは今現在の治療家としての「基礎」になり「自信」にもなっています。

身体の仕組みがよくわかり、今やっている仕事の意味や、やっていることの現象がつながるようになりました。

 

国家資格を取得してからが本当に大変でした。

 

院長にもなりひとつの院を守っていく重圧と患者様の痛みやシビレなどの身体の悩みを解消しなくてはいけないという強い思いがあり、いろんな技術セミナーや本、有名と言われる先生の勉強会に参加したり、他にも治療以外の経営者としてのセミナーや講習にも積極的に出るようになり学校の勉強以上に苦労したことを覚えています。

 

そのおかげで今では人に治療技術を教えることができ、どんな患者さんでも対応することができるほどになりました。

そして、接骨院では「捻挫」「肉離れ」「骨折」「脱臼」「打撲」などケガの治療しか認められていないですが、

今では

「椎間板ヘルニアの腰痛、シビレ」

「肩こりの頭痛」

「坐骨神経痛」

「変形性膝関節症」

など病院でしか見れなかった疾患でも治療することができるようになり、

 

「整体院」としても患者さんが

「痛みで歩けず仕事に行けないような状態」

「病院で原因が解らずに途方に暮れている患者さま」

「どこの治療院に行っても治らない」

とお困りの患者さんなどたくさんの不安と悩みを抱えた方が多く来ていただくことができています。

 

そんな患者さんから、今でも「ありがとう」「助かったよ」「もっと早くこればよかった」

などと言われると「やってて良かった」と思いますし、そう言ってもらえるように努力し続けることが僕の務めと思っています。

 

そして、今いるスタッフやこれからの接骨院 整体院業界が発展していくためには新しい治療家の教育がとても重要と考えています。

 

僕がいなくなってもこの「弥富の地域の方々の健康を守る」人を教育することが更なる活動をしていきます。

 

そんな僕の今の座右の銘というか治療家として心に誓っていることがあります。

「治せない治療家なんて治療家ではない」

この言葉を胸に日々精進しております。


治療家としてのコンセプト

治せない治療かなんて治療家ではありません!

これは侮れない私の気持ちです。

患者様は人生をかけて治療にいらっしゃいます。

患者様の症状、お悩みを受け止め、最善の治療を提供する。

1日でも早い回復をされるように全身全霊をかけて施術をする。

この当たり前とも取れることができない医療機関が悲しいことですが増えてきています。

時代、お金、に流されること無く生涯真摯に治療にあたること。

患者様が納得する治療をしてみせることを志し日々精進を続けていくこと。


杉浦 大喜

1981年4月18日

静岡県浜松市生まれ

妻:麻里  長男:暖人(ハルト)6歳  次男:朝陽(アサヒ)3歳

 

名古屋リゾート&スポーツ専門学校 スポーツトレーナー科卒業

中和医療専門学校 柔道整復科卒業

 

2010年 弥富接骨院 整体院 院長

 

臨床歴14年

年間施術者数2万人以上


柔道整復師


こんにちわ!阿万一軌です。

高校までは野球一筋。野球で進学先を決めてきましたが、ケガなどもあり高校卒業後トレーナーを目指すために柔道整復師になりました。

身体の仕組みを知り、症状を知り、治し方を習得するのに3年。臨床に立つようになり1年。

 

弥富整体院では一般的な接骨院ではなかなかみることのない長年のお悩みを解決するための仕事に携わることができるため、やりがいと同時に気が抜けない毎日を充実感をもって過ごしています。

 

より少ない回数で回復できるように日々腕を磨いております。なんとな〜く言われた通りに施術を行っていればOKのラクな院に就職した同級生もおりますが、この道に入った志を忘れずにあなたの施術に当たることをお約束します。


阿万 一軌

1995年2月2日

三重県 桑名市 長島町 生まれ

妻:唯

 

豊川高校 野球部卒

東海医療専門学校 柔道整復師科 卒業

 

 







柔道整復師、鍼灸師

 こんにちわ!服部敏生です。

僕がこの業界を目指そうと思ったきっかけは、この接骨院です。元々僕は弥富接骨院の患者でした。

高校生の時、患者として通っていて杉浦先生に一言「僕、この仕事に興味あるんですけど····。」と言って色々教えて頂いたのが始まりです。

柔道整復師、鍼灸師と6年間学校に通いながらアルバイトとして働き、今年から社員として働かせてもらう事になりました。

患者さんの悩みに全力で向き合い「常に笑顔」をモットーに治療にあたります。笑顔は人を明るく前向きにします。

僕の笑顔で周りの皆さんに笑顔が伝染し、沢山の笑顔ができ悩みを解決するために、一緒に一歩一歩進んでいけたら嬉しいです。

そして一人でも多くの方に「先生に診てもらえてよかった」と笑顔で言ってもらえる事が、目標です。毎日が勉強だと思って治療家として人間として成長していけるよう頑張ります。よろしくお願いいたします。


服部敏生

平成5年5月29日

 

富田高校 陸上部卒業

中和医療専門学校 柔道整復師科 卒業

         鍼灸科 卒業

 

現在 社会人サッカーチーム「シリウス」のトレーナーとして活動中